まずは自分がハダカになって思いや言葉を“いい声”で流していく。そこに生まれる“ふくし”
<ふくし×ボイトレ>

 

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ

30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
菱沼まなみです。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

 

先日の朗読劇公演を終えて、みえた事があります。

 

失敗を恐れず、今できる事を全て出し切って、

台本を伝える事だけに集中しているキャストの姿を見て、

だんだんに、お客様一人一人が、自分の身近な体験や過去を

思い出しながら、台本に耳を傾けてくれていました。

 

子どもたちの厳しい現実をテーマにした今回の朗読劇、

ご感想の中に、

養護施設の子ども達を思い出し、アンケートが書けません。

という言葉がありました。

 

今回、役者がハダカになって、一生懸命伝えようとした結果、

閉じていた心の扉が開いた方が沢山いらっしゃいました。

✔自分にもそんな経験がある。

✔身近にそんな方がいる

✔何か出来る事はないかなと考えるきっかけになった。

✔事実を知るって大切だと感じた。

✔共感します。

✔次回も楽しみにしています。

こんな言葉を聞く事ができました。

 

まずは自分がハダカになって、ボイトレで整えた相手に配慮した“いい声”

思いや言葉を流していく。

すると、流したものが相手に届き、相手もハダカになって思いや体験をイマジネーションしてくれる。

それを私たちがしっかり受け取る。

これがコミュニケーションであり、声の先に相手がいる状態

 

医療や福祉や教育の分野では

特にこのようなコミュニケーションが求められます。

プラウドボイストレーナーでもあり介護福祉士である私は

その事もしっかり伝えていきたいと思います。

 

正しい声の交換でコミュニケーションを良好にしたい団体様にも♪
「みんなで歌うワークショップ」

http://kanemaruasuka.com/fukushima-workshop

 

声にお悩みがある方にも♪
あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps?b