聞き返されることが多い方必見!滑舌を改善するには

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ!
30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
金丸明日香です。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

 

本日は、声のお悩みでよく聞く

滑舌についてお話しして参りたいと思います。

 

相手に聞き返されることが多い方は必見です(^_-)

 

滑舌を改善するポイントは大きく2つ。

 

1、舌根の柔らかさ

2、母音

 

です。

 

舌根とは舌の付け根のことです。

ここが硬い方、結構多いです!

 

ティッシュやハンカチで舌を引っ張って

母音の「E(え)」の発声を行いましょう。

「え」が一番舌に力が入りやすい音です。

舌に力が入るとどうなるか、というと

舌が奥に入ってしまって

声帯の擦り合わせ(締まり)を妨げてしまいます。

 

声帯の擦り合わせがされないと声は出ないので

空気が多めなスカスカな声になってしまいます。

私はそれを「息もれタイプ」と呼んでいます。

 

そうすると「声」がハッキリ相手に聞こえずに

相手に聞き返されてしまうんですよね。

 

舌根の付け根が柔らかくなってきたら

次に母音の強化を行います。

 

発声練習というと

”あえいうえおあお”という練習方が思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんが

プラウドボイスメイクでは

「 i(い)」から母音強化の発声練習を行います。

 

なぜかというと、「い」が一番

声帯の摺り合わせが行われやすい音だからです。

 

「い」のクオリティーを上げ

そこから他の、「あ、う、え、お」の母音に紐ずけた

発声練習方法へと発展させていきます。

 

他にも「い」を鍛えると母音強化以外にも良いことがあります!

それは、声帯周りの筋肉の軽めの筋トレ!です。

 

歌ったり、話したりする中で

「あ、お、う」の母音はどうしても声がこもりがちになってします。

 

人前で歌う、話す際に

万が一、これらの母音でミスをしてしまっても

「い」が相手に聞こえることで

相手に伝わる声が立て直すことが出来ます!

 

是非、聞き返される方や滑舌でお悩みの方は

この2つの練習を行ってみてくださいね(^_-)

 

次回は、声が枯れる、喉が疲れる方必見の

ボイストレーニングメニューについてお話ししていきますね。

\声の悩みの解決方法をお届けします/
あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps?b

\人生が変わる!本当に「いい声」になる方法/

▼小学館/amazon