「伝える」こと「伝わる」ことの違い

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ!
30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
金丸明日香です。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

本日は、「伝える」こと「伝わる」ことの違い

についてお届けいたします。

 

多くの方が「伝える」ことによって相手に「伝わった!」と

誤解しがちです。

そして後から「先日言ったのに何故また同じことを言わなけばならないのだろう」

「この人、聞いてたのかな」

ということになります。

 

そんな行き違いを、声のメカニズムで解消していきましょう!

 

先ず、そもそもそれは伝える状態にもなっていない

声のメカニズムをご紹介いたします。

キャッチボールをイメージしてみると

イメージしやすいかもしれません^^

 

相手に声を届ける際に、声を上に投げても
(高音を高く飛ばしても)
その声の先には人はいません。

 

目の前の方に直球で投げても、
相手はビックリしてしまったり、
人によっては攻撃されていると感じて、
自分を守らねばと、
話しているこちら側に急に怒ったり、
攻撃的になったりすることもある声の流れ。

では、どうしたら先ずは相手に伝わる声の流れが出来るのか。

それは、下から声を届けてあげましょう(^_-)

 

下から声を投げるようにする届け方を確認するには

鎖骨に指がかかる程度に胸に手を当てます。

そして、声を「あ〜」と出してみます。

その時に、胸が声で振動しているのを手で確認できればOKです。

歌は心と言いますが

正しい声の通り道は気管に共鳴しているので

本当に心の近くを通っています。

それを振動で確認してみてください。

 

そして、ここからは「伝わる声のメカニズム」です。

ここでは、グルーブを使います。

気管を通り相手に届いた声で相手の心を掴み

そこから自分のところに戻ってきます。

 

人生が変わる!
1日10分 本当に「いい声」になる方法P47より

 

ここで初めて、伝える声ではなく「伝わる声」となります。

声のメカニズムを使って

歌を始め、セミナーやプレゼン、朝会や会議など

是非自分の想いを相手に想いを”伝えて”ください(^_-)

 

自信を付けたい方にも♪
あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps?b

\人生が変わる!本当に「いい声」になる方法/
▼小学館/amazon

声のメカニズムを使って

歌を始め、セミナー講師の方や人前で話す機会がある方など

相手に思いを”伝えて”ください(^_-)

 

自信を付けたい方にも♪
あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps?b

\人生が変わる!本当に「いい声」になる方法/
▼小学館/amazon