ミックスボイスから見えるあなたの思考回路

 

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ!
30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
金丸明日香です。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

本日のテーマはミックスボイス!

そこから、プラウドボイスメイクならではの

マインド×ボイトレということで

声診断を踏まえてお届けいたします。

 

先日、体験レッスンのことです。

体験レッスンに足を運んでくれたのは

エグゼクティブコースご希望の40代の男性。

お仕事柄、人前でセミナーをすることが多いです。

 

ミックスボイスの元となるリップロールという

ボイストレーニングメニューから体験レッスンを始めました。

そしたらなんと、低音と高音はそれなりに出るのに

中音域が全く出ない!

 

思わず、お伺いしました。

 

「物事を白黒で考える癖がありますか?」

答えは

「あります!何でわかるんですか!?治したいと思っているんです」

 

私「では、グレーな考え方も楽しんでみましょうか!

それを声にも手伝ってもらいましょう!」

 

声って本当正直で面白いです^^

声はその人の鏡!ですね。

 

そもそもミックスボイスとは

地声と歌声の中間であり

低音と高音を切り返しなくスムーズに繋いでくれる発声方法です。

点と点が線で繋がるというイメージでしょうか。

 

歌手はみんなこのミックスボイスが出来ます。

私の行っていたマイケルジャクソンのボイストレーナーの元へは

このミックスボイスを取得しに行っていたと言っても過言ではありません。

声が点と点のまま上に行ったり下に下がったり暴れていては

マイケルも踊りながら歌えないですよね^^

 

ということで、先ずはリップロールで

same volume(同じボリューム)

低音から高音まで唇がバブルし、声が出るようにトレーニングを始めました。

 

低音:自分の思っていること、心の内

高音:自分のその強い思いを相手に届ける

 

この部分が彼の場合偏っていた為に

物事を白黒で考え

柔軟に物事を考えることが難しかったのです。

 

低音と高音を繋げるようにリップロールで声を出す。

ミックスしていく。

 

この体験レッスンを終え、彼は本レッスンでもトレーニングを始めたのですが

本レッスン1回目の際から

中音域がリップロールで出るようになり

少しずつですが、物事を白黒だけでなく

中間で考えられるコツが分かったような気がします、と

嬉しいご報告をいただきました^^

 

正に私が体験した声からのアプローチと似ています。

私の場合は「Should」(こうすべき)の部分が強く

自分も相手も苦しい時期が幼少期から続きました。

しかし、声が自由になって

同時に考え方や現実も自由になって

何だか解き放たれたような感じがしました。

嬉しさと今まで何やってたんだろうという悔しさで涙が出ましたね。

解き放たれたと言いますが後から感じたのはどちらかというと

自分本来に戻っていった

という感じでした。

 

そこから、歌のお仕事・声のお仕事が取れるようになりました。

その先には恋愛や家族間の関係も充実するようになりました。

 

声って本当不思議です!

 

しかし、それだけのチカラを持っているのですよね。

経験を持ってお勧めいたします!

 

是非、声から本来の自分に戻っていく

本来の自分を活かして楽しめる時間や人生を

多くの方に体験・体感していただけたら嬉しいです(^_-)

 

ただのシンガー/シンガーソングライターが起業して

プラウドボイスメイクを作った理由はソコにあります^^

是非、ご一緒しましょう♪

 

白黒の考え方をやめたい方にも
あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps?b

\人生が変わる!本当に「いい声」になる方法/
▼小学館/amazon