INFORMATION & BLOG

ボイストレーニング

スピーチ、プレゼンにも必見!3つのダイナミックマイクを比較してみました

スピーチ、プレゼンにも必見!
3つのダイナミックマイクを比較してみました

 

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ!
BRAND VOICE(ブランドボイス)
金丸明日香です。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

 

本日は、歌は勿論のことスピーチでも使えるお勧めのマイクについてお話ししたいと思います。

 

マイクには、ダイナミックマイクと、コンデンサーマイクがあります。

 

二つのマイクの違いをざっくりと説明しますと、

ダイナミックマイクは、ライブで歌う際や

人前でスピーチをする際に会場で使われます。

 

コンデンサーマイクはレコーディングの際に使われるマイクで

ダイナミックマイクより感度の良いものとなります。

 

今回、人前でスピーチされる方にはどのマイクが良いか

再度3つのマイクのサウンドチェックを島村楽器さんでしてきました。

島村楽器さんの丁寧なご対応に感謝申し上げます。

 

今回、サウンドチェックしたマイクは、下記の3つです。

 

・SHURE ( シュアー ) SM58

・SHURE ( シュアー ) BETA57

・SENNHEISER(ゼンハイザー)E945

SHURE ( シュアー ) SM58

初心者でも使いやすいスタンダードなマイクで

私もマイマイクとして初めて買ったマイクで

歌、スピーチの会場共に良くあるマイクです。

性能も良く、顔がマイクに近づけば近ずくほど

声の低音が鳴るマイクでもあります。

ボイトレをベースにお話をしますと

皆さん、高い声、つまり高音に目がいきがちですが

人前でマイクを握る際に最も大切なのは

低い声(低音)のクオリティーです。

低い音は、著書”人生が変わる‼︎本当に「いい声」になる方法”にもあるように

・状況説明

・環境説明

・自分の心の内を語る

・真剣な思いの表現

等、スピーチやプレゼンにも相手に伝えるのに欠かせない音の役割を持っています。

 

低音の部分で聞いている相手に先ずは

状況を説明したり、真剣な想いを伝え

そこから高音に向かって声とスピーチを組み立てていく必要があります。

そしてまた話の最後には

「ご視聴ありがとうございました」など

相手に感謝の気持ちを伝えるのも低音でしっかり決めたいところです。

なので、低い声が相手に届くことはとても重要となります。

 

 

話はマイクに戻り、

 

SHURE ( シュアー ) BETA57

SM58より、より繊細な音を表現するマイクで

特に高音の抜けかんが良いと思います。

透き通った声の持ち主にお薦めだと改めて感じました。

 


SENNHEISER(ゼンハイザー)E945は、結果私は一番好きなマイクです。

E935の方をマイマイクとして自身でも持っていますが

945の方も欲しくなってしまいました・・!

ドイツ製でしっかりとした作りで

繊細な声を表現してくれるだけでなく

声の締まりと深みが強調され、迫力もあります。

やはりこの、SENNHEISER(ゼンハイザー)E935、945はオススメのマイクです。

 

ちなみに、マイクのヘッドの部分が丸いものより

ヘッドはSHURE ( シュアー ) BETA57やSENNHEISER(ゼンハイザー)E935、945のように

平らになっている方が個人的にはお勧めです。

その理由もまた別途アップしたいと思います。

 

普段よりボイストレーニングで

声の質を鍛えるのが一番ですが

本番で強い味方になってくれる”マイク”というアイテム。

自分に合うマイマイクを一本持っておくと

歌は勿論のこと、スピーチやプレゼンの際にも

自信を持って話せたり、聞いている相手にも届き方が違ってくるかと思います。

 

あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps?b

\人生が変わる!本当に「いい声」になる方法/

▼小学館/amazon