《第5話》半年かからずに退職し、栃木から上京も果たしました。

 

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ!
30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
金丸明日香です。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

本日は、「一生ものの一曲コース」を担当している
まなみ先生について、紹介させてください。

 

まなみ先生は、元々は生徒さんだったのですが
お母さまの開く音楽教室に影響を受け
日本で舞台に立ちながら、
ニューヨークに渡米しゴスペルのワークショップに参加。

 

大学時代に取得した
介護福祉士の資格を活かし、
70名の参加する舞台監督を務めるなど、
歌や芝居を通じて幅広く活躍しています。

 

今回、プラウドボイストレーナーになったのにも
彼女のストーリーがあります。

まなみ先生は以前違うところで
グループレッスンでボイトレを行っていましたが
”腹から声を出す腹式呼吸”などにより
喉を痛め、声がでなくなってしまいました。

 

プラウドボイスメイクでは
腹から声は出しません。

 

この方法のレッスンを行ってから
私のレッスンを受けて3回目
広い音域である
平原綾香さんのジュピターを歌えるようになりました。

 

そんなまなみ先生がどんな先生なのか
先ずは知っていただけたら幸いです。

まなみ先生だからこそ
あなたによりそったレッスンを行ってまいります。

 

▼ここから
こんにちは。
プラウドボイスメイク
プラウドボイストレーナー
菱沼まなみです。

ここからは、金丸明日香先生との出会ってからのお話になります。

私には歌が必要、しかし声が嫌い、

踏み出すには、自信のない自分を変えなくてはと

まず私は、子供の頃から持っていたコンプレックスに向き合おうと決めました。

自信のない自分が、

誰かに意見する事や、

言いたい事を発信するなんて出来るわけがないし、

出来たとしても何の説得力も無いと思ったからです。

しかし、実際どうしたら良いのか分からず、

場所と人を求めて、

いろんなセミナーや団体の活動に参加しました。

仕事を終え栃木から東京に向かい、

いつも終電で帰り、翌日、5時半からの施設の早番に向かう日々でした。

そんな日々に体力と気力も参っていた頃、

劇団時代の同期を介して金丸明日香先生と出会いました。

もう、探すのは最後にしようと思っていました。

明日香先生のレッスンは満員御礼で

新規の生徒さんの募集は閉め切っていましたが

諦めきれず体験レッスンの門を叩き、

金丸明日香先生に会いに行きました。

この体験レッスンで初めて出会ったボイトレのメソッドを実践したとき

その変化にびっくりしました。

そして、自分の声のタイプを的確に教えていただき

昔から悩んでいた事やコンプレックスに感じていた事が

明確になり、とってもスッキリしたのです。

▼スッキリしたレッスンの帰り道
明日香先生と私

明日香先生は心理学の観点からもアドバイスしてくださり

このプラウドボイスメイクのレッスン方法は他には絶対ない!

ここで自分の再スタートを切ろう!

そう決めるのに1分もいらず、まさしく直観でした。

当時は月4回のレッスンで、

栃木から通っていました。

どうしても調整がつかない時はスカイプのレッスンでのレッスン。

とにかく、自分の声には魅力があるのかもしれないと思い、

ワクワクしながら必死でした。

練習曲に「Jupiter」を選び、

仕事場への約1時間の道のりは

いつもリップロールをひたすらやっていました。

▼往復2時間は一番の練習時間

実はこの「Jupiter」という曲が大好きだったのですが、

高音が出なくて歌うのを泣く泣く諦めていたのです。

もしかしたら・・・

 

この曲の広さを表現できるかもしれない。

 

そんな期待が隙間の時間でも自主練へと

私をつき動かしました

▼どうしても通えないときはスカイプでのレッスン!

「Jupiter」を歌いは初めて3か月、

諦めていた音がスーっと出た瞬間がありました。

なんとも言えない感動でした。

▼「Jupiter」で地元の市民会館ステージに立ちました

自分の体から、心から、声が出ることを体感した瞬間

私は歌と一緒に生きていきたいという自分の本当の声に気づき
 
そんな自分の気持ちに素直になれました。

その後は、

プラウドボイスメイクメイクの6ヵ月のコースを受講し、

コースの中で自分のビジョンを明確にし

福祉の現場の仕事を退職し

コース終了時にはスーツケース一つで上京しました。

福祉の仕事を辞めるのに

3年はかかると思っていたのですが

目標を明確にし

先生や仲間が一緒に歩んでくれたことで

半年かからずに退職し

上京も果たしました。

▼2016年9月にスーツケース1つで上京


上京した時期に

プラウドボイスメイクのボイストレーナー育成コースを受講し、

自分の覚悟も、更に一つ前進しました。

 
▲ここまで
夢が現実化すること、

その全ての始まりは「自分に素直になること」

と私は考えています。

自分に素直になることが人に素直になれることにも繋がっていると

自身を通しても思います。

逆に、自分に素直になれなくて自分に嘘をついている状態だと

人にも素直になれず嘘をついている状態になってしまうように思います。

シンプルなことなのですが

ここが結構難しいんですよね!

勇気も必要です。

しかし、勇気を持って自分に素直になり

その道を歩めたまなみさんは

凄いと思います。

橋を叩いて渡ると言いますが

橋を叩きすぎて

渡れるはずだった橋を自ら壊す

なんて恐ろしいことも結構人ってやっているみたいなんですよね。

本当はそのまま渡れば良いのです^^

声もキャラクターも

それぞれのカラー(個性)が出て

その架け橋となることが

プラウドボイスメイクでのミッションなので、

会社名は、Rainbow Voice 株式会社にました^^

あなたの夢はなんですか?

歌に関わることでなくてもOKです。

正しい手順で、正しい努力をすれば

夢って叶います^^

諦めないで♡

私もまなみ先生も

橋を渡ったからこそ見える次の橋があるので

どんどん橋を渡っていきたいと思っています^^

お互い一緒に、橋を渡っていきましょう!

次回は、まなみさんがプラウドボイストレーナーになるために

6ヶ月集中して

ボイストレーナー用の試験に受かるまでのお話です!

次回をお楽しみに(^_-)!

自分に自信を持ちたい方にも♪
《無料メールマガジンレッスン》

あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間!
http://kanemaruasuka.com/7steps