高音を伸ばすポイントは、安心して力を抜くこと

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ!
30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
金丸明日香です。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

 

本日は、二番弟子の沙織先生よりレッスンレポートが届いたのでご紹介いたします。

なんと、記念すべき一回目のレッスンでのレポートです!

生徒さんは歌や演劇など、表現することが大好きなIさん。

そんなIさんがどのように力を抜いて高音を出せるようになったのか

沙織先生のレッスンレポートをどうぞご覧ください(^_−)

 

高音を伸ばすポイントは、安心して力を抜くこと

本日は生徒さん第一号、Iさんの初レッスンを新宿スタジオにて行いました!

歌や演劇など、表現することが大好きなIさん。

元々伸びやかな高音をさらに気負わず楽に出せるよう

ボイストレーニングを行いました。

 

今回のIさんのチャレンジは、「力を抜くこと」

歌う時には出ている高音が同じ音なのに

リップロールになると出なくなってしまうということがあります。

 

その原因のひとつは、力で出してしまうから。

そこで、力が入りがちな部分を

お辞儀+リップロールで「脱力の感覚」を掴む練習をしました。

 

すると、何度か繰り返すうちに程よく力が抜けてきて、

リップロールでも出るようになりました!

 

しかも出てきた高音は聞いている側も心地よく、安心できるような響きです。

 

Iさんは「力を抜くと、声が軽くなる分ちゃんと響いているか心配」と言っていましたが、

力が抜けた状態で出た声にびっくりしたご様子でした。

 

しかし、プラウドボイスメイクでは

「高音は細く遠く出す」

細くなる分遠くに響くようになるので、

実はその違和感こそ正解なのです。

 

Iさん本来の声が出るように、

そのための感覚の道標となれるように

これからも熱くサポートしてまいります!

 

\伸びやかな高音を出したいたい方にも
▼小学館/amazon

 

日本全国からレッスン可能♪
あなた本来の声である
「聞き惚れボイス」を引き出す7日間よりお届けいたします!
《無料メールマガジンレッスン》

http://kanemaruasuka.com/7steps