新橋の老舗飲み処で『みんなで歌うワークショップ』を開催しました!

こんにちは!
ハリウッド式 声帯の筋トレ

30分で変わるボイストレーニング
プラウドボイスメイク
菱沼まなみです。

プラウドボイスメイクは
あなた本来の声である「聞き惚れボイス®」を引き出す
ボイストレーニングの専門家です。

 

本日は、6月23日に新橋で開催した「みんなで歌うワークショップ」の様子をご紹介いたします♪

今回ワークショップにご参加いただいたのは、小学校5年生のダウン症のお子さんと

妹さん、お兄ちゃん、ママたちを合わせた12名!

中村由美さんの新橋のお店で開催しました^^

 

▼一緒に開催を手伝ってくれた中村由美さんと、由美さんのお子さんのげんきくんとななちゃん

 

開催場所である新橋のこちらのお店は、いつもサラリーマンや

昔からの常連さんがビール片手に美味しく楽しく過ごされる場所。

そんな場所から、土曜日の午前中に聞こえてくる子ども達の声や音楽。

通りかかった人は“なんだ?”と思ったと思います♪

 

しかし、こういった意外性のある空間造りも私のやりたかった事の一つ。

歌はスタジオや教室だけで歌うのではないからです^^!

家だって、帰り道だって、声が出てメロディが紡がれれば歌となり音楽となります♪

そんな風に歌の枠を広げていきたいと思っています。

 

そして、本日取り組んだ曲は坂本九さんの「上を向いて歩こう」

(この場所での上を向いて歩こうはなんとも味がありました♪)

声が出るための準備体操として

《ブレス》

《リップロール》

《母音の発声》

を行い実際に歌いました。

パワフルな子ども達とのワークショップだったので、

歌の練習をした後、フリをつけ一曲を仕上げました^^

 

▼手と足を順番に振付中!

 

ダウン症の子ども達は音楽好きという事が言われていますが、

表現がとにかく豊かです。

これは、障がいが有る無しに関わらず子ども達と携わると思う事なのですが、

“ありのまま”が上手なのです。

 

ありのままの彼らに、いかに感動やワクワクをプレゼントできるかが私の役目だと思っています。

そして、その空間に、周りの大人たちも巻き込んでいきたいと思っています。

 

『みんなで歌うワークショップ』を今後も子ども達との場で展開していく際には、

子ども達のワクワクする事や、興味がある事を

彼らの可能性にしっかり繋げていけるよう、更に取り組んでいきます!

 

▼ワークショップの後は、みんなで美味しいちゃんぽんをいただきました♪

 

みんなで歌いその声の一体感で、ぜひ感動を味わってもらいたい。

そして、一体感の中にある、一つ一つのカラー(個性)をそれぞれのカタチで引き立たせる、

“ふくし×ボイトレ”では、それを目指しています♪

 

歌が大好きな福祉施設のお年寄りにも♪
ふくし×ボイトレ
「みんなで歌うワークショップ」詳細はこちら
http://kanemaruasuka.com/fukushima-workshop